洋服の収納について書いています


洋服の収納について

洋服の収納について


洋服の収納を考えるとき、タンスを使うか、使わないかを考えます。
クローゼットだけで済ませることも可能です。
下着など、ハンガーにかけることが難しい物のみ、ボックス収納し、それ以外は、全てハンガーにかけ、クローゼットに収納します。

ハンガーにかける収納の良いところは、洗濯物を畳む必要がない、しわになりにくい、取り出しやすいことです。

クローゼットが広い方は、この方法がやりやすいでしょう。

タンスのみで済ませるのは、難しいでしょう。
スーツや礼服など、しわになっては困るものは、やはりハンガーをかけて収納することになりますから。

私の場合、クローゼットに小さめのタンスを入れ込む方法にしました。


しかし、タンスの高さが高いため、タンスを置いている部分は、ジャケットの大きさの洋服しかハンガーがけできません。

ロングコートやワンピースをかけるスペースが狭くなってしましました。

うちのクローゼットは、そんなに広くありません。この方法は失敗でした。

タンスを捨てるわけにもいけませんから、クローゼットからタンスを出して使うことにしました。

結局、一番良いと思われる収納方法は、クローゼットにハンガーでかける方法、プラス、下着用の引出しボックスを購入するという方法だと思います。

クローゼットのハンガーですが、色やメーカーを揃えた方が、見た目が綺麗です。

太目のもの、細めのものがあります。
大切な洋服は、太目の物を使用すると、型崩れしなくて良いです。

それ以外は、細めのハンガーが場所を取らないから重宝しています。

クローゼットには、バックも収納しています。

バックを収納するために、ボックスや、仕切りのある収納ケースを使用される方も多いようです。

収納ケースは便利ですが、場所を余分に取りそうなので、私は使用しません。

バックの収納は、そのまま置くか、可能なら、バックインバックします。

よく使うものは、そのまま置きますが、あまり使用しないものは、大きめの旅行バックの中に、大きい順にバックインバックして全てしまいます。

そうすると型崩れも防げますし収納グッツを買う必要がありません。

メニュー
本棚の収納について
洋服の収納
書類の収納
食器の収納について
コンセントの収納について
小物類の収納について
新着情報

Copyright © 2010 部屋が狭いから引越した! All Rights Reserved,