書類の収納について書いています


書類の収納について

書類の収納について


最も煩わしいのは書類の整理です。
そのため書類を増やさないことが重要です。

郵便物には、チラシや広告など不要なものが沢山あります。
そういったものは、即捨てます。
なるべくその日のうちに開封し、いるかいらないか判断します。

必要そうなものは、とりあえず取っておき、整理するときに考えます。

考えるときは、まず、その書類が必要か、必要でないかを判断しないといけませんが、本当に重要なのは判断が早いですが、判断が付きにくいものもあります。

重要だと思われるものは、すぐ見て何かわかるようクリアファイルに入れて保管します。

次に重要かどうか微妙なもの、長期の保存は必要ないけどとりあえず取っておくものは、A4サイズの袋をジャンルごとに作っておいて、そこに分けて入れます。

例えば、健康関係、カード明細関係、年金関係など。
この袋は、時々みて、もういらないと思えた分から、捨てていきます。

書類関係で、場所を取り、整理に悩むのが取扱説明書です。

必要ないから捨てるという方がいますが、壊れたとき、必要になったということを何度か経験したので、一応取っています。

実は、取扱説明書はネットで確認できるものもあります。

ですので、捨ててしまってもいいのかもしれません。

あまり高額でない物や、重要じゃない物の取扱説明書は、捨てています。

洗濯機や掃除機などの家電製品、パソコン機器などの取扱説明書は取っています。

整理をするのは大変なので、A4の紙袋に、まとめて入れていました。

量が増えてきたので、ボックスに入れています。

1年に1度くらい、見返して、もういらなくなったものは、捨てます。

書類を、スキャナーにとって、データー保管するという方もいらっしゃいます。

データー保管したら、煩わしい紙に悩まされることはありませんので、やりたいと考えたこともありますが、データーをとるのが、すごく手間がかかりそうなので、今のところ、この方法は取っていません。



メニュー
本棚の収納について
洋服の収納
書類の収納
食器の収納について
コンセントの収納について
小物類の収納について
新着情報

Copyright © 2010 部屋が狭いから引越した! All Rights Reserved,