本棚の収納について書いています


本棚の収納について

本棚の収納について


本棚の収納は、どういった方法が良いのでしょうか。

本棚にもいろいろあります。
オーソドックスな棚、横にスライドできる棚、回転する棚などいろいろあります。

以前、太い木でできた棚を使っていたのですが、インテリアとしてはお洒落でしたが、木が太い分、本が収納できないので、残念でした。

意外と使えるのが、ホームセンターなどで安く売られている本棚です。

A4サイズが立てて入れることができる大きさの方が良いです。

よく、文庫本用に仕切りが分かれている本棚もありますが、文庫本がそんなに多くない場合、場所に空きができます。

A4サイズの雑誌の方が多くて入りきれない場合は、その場所が勿体なく感じます。
横スライド式の物は、便利ですが、その分、前に出っ張り、部屋が狭く感じてしまいます。

回転式の本棚は、場所を取らず便利そうです。
構造を見ると、壁にぴったりと付けることは、難しそうです。
また、一箇所にかなりの重さの本が乗っかることになります。
倒れてきたときは、危険かもしれません。

寝室に置かない、固定するなどの地震対策は、しておいた方が良いかもしれません。

よく海外のインテリア写真で見かけるのが、本を積み重ねる方法です。

積み重ねる本棚もありますし、本棚を使用せず、インテリアのように、そのまま床に積み重ねていたりします。

本をよく読むという方は、取り出しにくいので不便かもしれません。

この方法のメリットは、よく読む本が、上の方に来るということだと思います。

読まない本は、いつも下の方になるので、処分する目安になります。

本棚の収納について考えました。
よくやる収納が、種類別の収納です。

本のジャンルごとに分けます。
例えば、小説関係、ビジネス書関係、雑誌、趣味などといった掛け方です。

こういった分け方をされる方が大半かと思います。
以前、私の職場に、高さごとに収納するという方がいらっしゃいました。

その方が使っているキャビネットの本は、高さごとに並んでいたので、見た目が綺麗でした。

見た目を重視するなら、色ごとに分けてみるという方法もあります。

この場合、ジャンルは、もはや関係ありませんから、高さに分ける方法も取り入れてみます。

色と高さが揃っているのでかなり見た目がスッキリするでしょう。

本棚をほとんど使わないという方法もあります。

今は電子書籍で読める本が多いです。
紙の本は、極力購入せず、電子書籍で済ませます。
本屋さんには、申し訳ないですが、本屋に行って、読みたい本を探します。

その本が、電子書籍で読めないか確認して、可能だったら電子書籍で購入します。

本当は、紙の本だと書き込みができるし、読みやすいのですが、電子書籍の方が安く手に入りますし、片づけるのも楽になります。

新しく出たばかりの本は、まだ電子書籍になっていなかったりします。

そういうときは、電子化を希望して、待ちます。
どうしても電子では手に入らなそうな本は購入し、良い本だったら、棚にしまいます。

一部のみ取っておきたい場合は、その部分だけ切り取ってファイルするか、携帯で写真にとって処分しています。

メニュー
本棚の収納について
洋服の収納
書類の収納
食器の収納について
コンセントの収納について
小物類の収納について
新着情報

Copyright © 2010 部屋が狭いから引越した! All Rights Reserved,